ロボット社会をリードする最先端国家は?エコノミストが選ぶトップ10

みなさんは、ロボットの最先端国家と聞いて、どのような国をイメージしますか?日本は何位ぐらいだと思いますか? 人とロボットが共存する未来に向けて世界ではさまざまな取り組みが行なわれている中、2018年度に、ロボットを始めとするオートメーション技術…

NASAのドローン型土星探査機Dragonflyが生命の謎解明に挑む!

みなさん、こんにちは!サイギグのゆずきです。 航空宇宙工学分野で活躍されている宮谷聡さんを突撃インタビューした際に話題に挙がった土星探査ドローン「Dragonfly」。トンボではなくDragonflyと命名するところにNASAのセンスを感じます(アメリカの機関だ…

航空宇宙工学の若きエース、宮谷聡氏が語るドローンと宇宙ビジネス(Airobotics社)

PSYGIGが送るエンジニアインタビュー特集の記念すべき1人目は、航空宇宙工学界の若きエースである宮谷聡さん(29歳)。 宮谷聡さんってどんな人? 星空が綺麗な宮崎の田舎で育つ中で、自然と宇宙に想いを馳せるようになったと語る宮谷聡さん。東京大学を卒…

ドローン x AIが今アツい!スイス山岳救助隊が人命救助に活用

世界中で注目を浴びているドローンとAI。両者を組み合わせることで、世界各地のあらゆる分野において革新的なソリューションが生み出されています。空撮や測量、点検以外にも、ドローンが活躍できる場面はたくさん。この記事では、スイスの山岳地帯での人命…

ドローン x AIが今アツい!日本での活用事例3選

ここ数年で、「ドローン」、「AI」という単語を目にする機会が増えました。実はドローンとAIの相性は抜群で、両者をかけ合わせることで各業界のさまざまな課題に対するソリューションを生み出すことができます。この記事では、ドローンx AIの国内事例3選を…

世界経済フォーラムのTechnology Pioneers of 2019を一挙ご紹介!

世界経済フォーラム(World Economic Forum)が選定するTechnology Pioneers of 2019。 2019年度は何百もの応募の中から56社が選ばれました。 中でもドローン・ロボティクス関連の企業をピックアップしてみました! Volocopter Volocopterは、世界中の大都市…

ドローンが活躍する省エネ社会に向けたDRESSプロジェクトとは?

21世紀ではテクノロジーが急速に進歩し、ドローンが荷物を自宅まで届けてくれたり、災害時に無人ドローンが救助にやってきてくれたりする時代が現実になろうとしています。 そんな中、経済産業省 / NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)による新たな…