ドローン

狭所点検用小型ドローン「Elios」を使ってみた感想は?

Flyability社の狭所点検用ドローンEliosは既に海外の点検事業会社から利用されていますが、実際に利用してみた評判が気になるところですよね。Flyability社の英語公式サイトに点検事業者によるレビューが掲載されていたので、翻訳してご共有します! RoNik I…

今さら聞けない!エンジニアが解説するLIDAR・カメラセンサー

[English Below] 自動運転車、ヒューマノイドロボット、そしてドローンに共通して使われているSLAM。 これらの機械はアルゴリズムを実行するためのある種の処理ボードまたはコンピューティングボードを備えており、SLAMアルゴリズムを使用するにあたって同様…

今さら聞けない!エンジニアが解説するSLAM入門

[English Below] ドローンやロボットシステムはどのように機能すると思いますか? ドローンやロボットを動かす物理的な仕組み(オムニホイール、モーターとプロペラ、四肢四肢運動など)についてではなく、これらのシステムがさまざまなセンサーを通じて周囲…

狭所点検用小型ドローン「Elios」とは?特徴・スペック紹介

さまざまな活用が期待されているドローン。特に人間がアクセスできないような狭くて危険な場所における活躍が期待されている狭所点検用小型ドローン。スイスのFlyability社が開発している小型ドローン「Elios」についてご紹介します。 Flyability社の狭所点…

NASAのドローン型土星探査機Dragonflyが生命の謎解明に挑む!

みなさん、こんにちは!サイギグのゆずきです。 航空宇宙工学分野で活躍されている宮谷聡さんを突撃インタビューした際に話題に挙がった土星探査ドローン「Dragonfly」。トンボではなくDragonflyと命名するところにNASAのセンスを感じます(アメリカの機関だ…

航空宇宙工学の若きエース、宮谷聡氏が語るドローンと宇宙ビジネス(Airobotics社)

PSYGIGが送るエンジニアインタビュー特集の記念すべき1人目は、航空宇宙工学界の若きエースである宮谷聡さん(29歳)。 宮谷聡さんってどんな人? 星空が綺麗な宮崎の田舎で育つ中で、自然と宇宙に想いを馳せるようになったと語る宮谷聡さん。東京大学を卒…

ドローン x AIが今アツい!日本での活用事例3選

ここ数年で、「ドローン」、「AI」という単語を目にする機会が増えました。実はドローンとAIの相性は抜群で、両者をかけ合わせることで各業界のさまざまな課題に対するソリューションを生み出すことができます。この記事では、ドローンx AIの国内事例3選を…

ドローン x AIが今アツい!スイス山岳救助隊が人命救助に活用

世界中で注目を浴びているドローンとAI。両者を組み合わせることで、世界各地のあらゆる分野において革新的なソリューションが生み出されています。空撮や測量、点検以外にも、ドローンが活躍できる場面はたくさん。この記事では、スイスの山岳地帯での人命…

ドローンが活躍する省エネ社会に向けたDRESSプロジェクトとは?

21世紀ではテクノロジーが急速に進歩し、ドローンが荷物を自宅まで届けてくれたり、災害時に無人ドローンが救助にやってきてくれたりする時代が現実になろうとしています。 そんな中、経済産業省 / NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)による新たな…

JAXAも参戦!ドローンの目視外飛行実現に向けたUTMとは?

JAXAといえば宇宙!実はJAXAでもドローンの研究が行なわれているのをご存じでしょうか?JAXAではドローンの安全性を担保するためにさまざまな研究開発を行なっていますが、中でも注力しているのがUTMと呼ばれる研究開発。本日は、ドローンの安全性を担保する…

ドローンは事前点検が命!安全なドローン飛行のためのセルフ点検方法

みなさんは普段どれくらいの頻度でドローンの点検をしていますか?ドローンの定期点検はドローンの墜落リスクを減らして安全にドローンを飛ばすために欠かせません。しかし、毎回ドローン点検を外注するとお金がかかりますよね。この記事ではドローンの点検…

なぜドローンは墜落してしまうのか?事故原因と今すぐできる対策

みなさんはドローンに対してどんなイメージを抱いていますか?僻地での災害時でも支援物資を届けてくれるヒーロー?それとも得体の知れない物体?ドローンに対するイメージは人それぞれだと思いますが、もしこれからドローンがわたしたちの空を飛び交うよう…